本文へスキップ

自然派の手作り石けん&布ライナー


090-8544-2822(平日10時〜15時)

お問い合わせフォーム

石けん豆知識soap knowledge

石けんの製法は2種類


石けんの製法は、大きく分けて「中和法」と「鹸化法」の2種類になります。
その中で鹸化法は、「釜焚き鹸化法(ホットプロセス)」と「冷製法(コールドプロセス)」に分かれ、更に塩析する方法としない方法があります。

Natural*Ecoの石けんの製法は、冷製法で塩析をしない方法です。

■中和法


特殊な分解釜で油脂を脂肪酸とグリセリンに分解しておき、 脂肪酸をアルカリで中和する方法です。
出来上がり時間は、約4〜5時間。

分解したグリセリンは他の化粧品へ添加されます。

表示に、「○○脂肪酸」と書かれているものは、ほぼ中和法です。



■鹸化法


釜焚き鹸化法(ホットプロセス)

油脂とアルカリを鹸化釜で焚く方法です。
出来上がり時間は、約4〜5日間。

鹸化の際にできる「グリセリン」は、塩析をするため除去されます。
※塩析しない場合もあります。

塩析をすることで、不純物を取り除くので純度の高い石けんができます。

表示に、「石けん素地」と書かれているものは、ほぼこの製法で作られています。
(固形石けんの場合は塩析されていることがほとんどです)


冷製法(コールドプロセス)

熱を加えず、油脂とアルカリを攪拌したときの化学反応熱を利用して作られる方法です。
出来上がり時間は、約1ヶ月〜3ヶ月。

鹸化の際にできる「グリセリン」は、除去せずそのまま石けん内に閉じ込められています。

家庭で作る石けんがこの方法になります。

不純物を取り除かないので純度は高くありませんが、不純物の中には天然の抗酸化物質トコフェロールと植物ステロールなど有用な成分も多く、わざと油脂分を残したりすることでしっとりとした感触の石けんができます。

コールドプロセス製法での石けんの作り方



ナチュラルエコの石けんは、すべて冷製法(コールドプロセス製法)で作っています。


【石けんはいつから?】
石けんの歴史はかなり古くて、はるか昔、動物の脂肪と木の灰や海草の灰を煮て作っていたそうです。
木の灰には炭酸カリウム、海草の灰には炭酸ナトリウムが含まれています。
このアルカリを使って油脂を分解したのが、石けんを作るきっかけになったと言われています。


石けん豆知識