本文へスキップ

自然派の手作り石けん&布ライナー


090-8544-2822(平日10時〜15時)

お問い合わせフォーム

石けん豆知識soap knowledge

石けんの質は油脂(あぶら)で決まる


石けんと言えば、基本的に汚れを落とすものですから、まず洗浄力が高くなければなりません。
そして、直接お肌に触れるものですから、できるだけ刺激の少ないものでなければ肌トラブルを起こしてしまいます。

この2つの特徴を満たしている油脂(あぶら)が石けんのベースになれば、当然使い心地の良い石けんができます。
この2つの特徴を満たしている油脂とは、実は日常私たちが食しているオイルなんです。

油脂とは、
スーパーでよく見かけるサラダ油、オリーブ油、キャノーラ油(なたね油)、米油、ごま油など常温で液体のオイルのことを「油(あぶら)」と呼び、ラード(豚の脂)、牛脂(牛の脂)など常温で固体の動物の脂肪のことを「脂(あぶら)」と呼びます。

この2つのあぶらを合わせて、「油脂」と言います。

植物性の「脂」もあり、常温で固体のパーム油、やし油(ココナッツ油やパーム核油)、バター類などがあります。

少し専門的なお話になりますが、石けんの質は、油脂を構成している脂肪酸の種類が決め手になります。

これらのオイルには共通して、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、パルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれています。

不飽和脂肪酸の特徴は、肌刺激性がほとんどなく、低温でも溶けやすく洗浄力が高いこと。
なので、石けんのベースに最も適しているんですね。

ただ、他にも共通している特徴が、泡立ちが控えめだったり、溶け崩れやすかったりする石けんができるので、短所を補う油脂を配合してお互いのよいところを補い合うわけです。

一般に、泡立ちをよくするには、「やし油(ココナッツ油やパーム核油)」を、溶け崩れしにくくするには「ラード」や「牛脂」「パーム油」を配合します。(やし油を多く配合すると肌への刺激性が高まります)

こうして、使いやすくバランスの良い石けんが出来上がるのです。
配合の割合の目安としては、他に配合する油脂との割合の中で、一番多く配合すると特徴が分かりやすいですね。
あとは、お好みでどの油脂を多く配合するかを決めていけばいいわけです。

そうやって考えると、石けんの種類はすごく豊富なんですね。
油脂の種類もこれ以外にまだまだたくさんありますし、組み合わせや配合を考えると無限にあります。

世界にたった一つの石けんが出来るわけです。
自分だけの石けんが作れるのは、手作り石けんならではの醍醐味ですね。

石けんのベースに適した油 オリーブ油・なたね油・ごま油・米油・紅花油・マカダミアナッツ油・椿油など
常温で液体の油
硬く溶け崩れにくくする油 ラード(豚脂)・牛脂・馬油・パーム油・シアバター・ココアバターなど
常温で固体の脂
泡立ちをよくする油 ココナッツ油・パーム核油  ※一般にやし油と呼ばれています





石けん豆知識