キッチンソープで食器も鍋もすっきり!洗い方のコツ3つ【台所用石けん】

固形石けん(キッチンソープ)での食器の洗い方はちょっとコツが入ります。

軽い汚れなら比較的水だけでも落ちますが、しつこい汚れや油汚れには石けんが洗浄力を発揮してくれます!

コツを掴めば食器だけでなく、鍋やフライパン、シンクのしつこい汚れもすっきり落ちるのでぜひぜひコツを掴んで快適な石けん生活を送ってください^^

 

【コツ1】スポンジは濡らしすぎない!

石けんが洗浄力を発揮するには、ある程度濃度が必要です。

なので、水を含ませすぎると濃度が薄くなり洗浄力が発揮できません。
少しスポンジが湿ったかなというくらいでキッチンソープをつけてよく泡立ててくださいね。

多少泡立ちが悪くても、石けんの濃度が高ければ汚れは落ちます。

 

【コツ2】しつこい油汚れには直接キッチンソープをつけて!

汚れのひどい場合や油汚れにはをスポンジにキッチンソープを多めに取って、泡立てずに直接汚れに塗りつけてください。

そのとき、石けんを水で湿らせてある程度やわらかくしておくと、石けんが取りやすいです。

 

しつこ~い油汚れには、こんな風に直接キッチンソープを塗りつけるとすっきり落ちます!
石けんを湿らせるとしっかりついてくれますよ。

 

お弁当箱のフチは、指にキッチンソープを取って塗りつけます。

 

こびりついた落ちにくい汚れには、キッチンソープを塗りつけたまま、しばらく放置してからこすると落ちやすいです。
それでも落ちにくい場合は、重曹を使うと研磨効果ですっきり落とせます。
アクリルタワシを使うとさらに落ちやすいですよ!

 

【コツ3】すすぐときは流水で!(ぬるま湯がベスト)

石けんでの洗浄は、石けん成分が汚れを包み込み、濃度が薄まったときに汚れと一緒に洗い流すことで汚れを落とします。
濃度が薄まると洗浄力を失い包み込んだ汚れが離れてしまうので、溜めすすぎをすると一度離れた汚れがまた食器に付着してしまいます。

必ず流水ですすいでくださいね。
できれば35度~40度くらいのぬるま湯がベストです。

私の経験ですが、水が冷たくて辛いときはお湯を使いますが、たいていは水ですすいでも比較的問題なく洗えています。
よっぽど水が冷たい場合は汚れ落ちが悪いかもしれませんが、石けん洗浄のコツが掴めてくると上手く洗えるようになるのでいろいろ洗い方を試してみてくださいね。

 

今ならナチュラルエコおすすめのキッチンソープ「クリーン石けん」が無料でお試しいただけます。
ぜひお試しくださいね^^


LINEで送る

ナチュラルエコ製品のご購入はこちら

ものづくりのクリエイターたちが、ひとつひとつ丁寧に作り上げた手づくり作品が集まるハンドメイドマーケット「クリーマ」。
ナチュラルエコは、手作り石けんと布ナプキン(布ライナー)を出品させていただいています。
あなたのお気に入りが見つかりますように。