【デザイン手作り石けん】3色のスワール模様に挑戦!色出しに苦戦

手作り石けん暦13年にして、今更ながら苦手だったデザイン石けんに挑戦!

それまでは、見た目だけで言えば色ムラのない、気泡のない、滑らかな石けんが作れるよう、ぞれだけをめざして作ってきました。(もちろん石けんの質が一番ですよ!)

その目標はほとんど達成できたので、今度は自分の思ったような模様のデザイン石けんを作れるようになりたい。

苦手を克服したい。

デザイン石けんを作られている方たちの動画を観て、さらにやる気アップ!

で、最初に作ったのが3色のスワール模様。(マーブル模様)

3色模様のつけ方
石けん型は14×21の平型を使用しています

  • ゆるくトレースが出たら、3色の石けんタネをそれぞれの容器で作ります。(紙コップでもよいです)
    色剤を先に入れてからタネを少量入れて混ぜるとダマになりにくいです。
    最初に少量のホホバオイルやグリセリン等で色剤を溶かしておいてもよいです。

  • 石けん型の角のヘリに伝わせるように順番に静かに流し込んでいきます。
    プレーン→ピンク→ブルー→グリーン
    少量ずつ入れると線の細い繊細な模様になります。

  • 一回り色を入れたら、対角線上の角からも同じように流し込んでいきます。
    すべて同じ方向から入れてもよいですね。
    そこはお好みで♪

  • 石けんタネがなくなるまで繰り返し流し込みます。
    微妙に入れる分量に差が出てしまって足りなくなった色も出てきたので、色の順番がおかしくなっています。笑

    ※基本的な手作り石けんが作れる方向けの説明になります

 

いきなり高度なデザインに走ってしまったと、後で思いました^^;

しかも、気泡がいっぱい。(点々と白くポツポツしてるとこ)

ブレンダーの使い方も全然ダメダメで><

これがきっかけでブレンダーの使い方も研究し始めました。
ブレンダーを使った石けん作りで気泡が入らないコツ

 

ね、アップで見るとポツポツが目立つでしょ^^;
よく言えば雪が降ってるみたい!?笑

使う分には全く関係ないのだけどね。
見た目がキレイは方が断然テンション上がるから^^

もうひとつ言えば、色も自分が思っているような色にはならなくて。

かろうじて、模様は最初にしてはまあまあだったけど、改めて色をつける難しさ、奥深さを感じました。

今回は、硬めで溶け崩れにくいレシピにしたので使い心地は抜群!

本来、手作り石けんは溶け崩れやすいのだけど、お風呂に長時間置いてもへこたれない溶け崩れにくさ!

個人的には、もうちょっとやわらかめのが使用感は好きかな~

 

石けん名:エアリースワール

ラード70%・米油20%・ココナッツ油10%・クレイ・マイカ・スピルリナパウダー・ゼラニウム精油・パルマローザ精油

ディスカウント5%・水分量28%・着香2.5%

LINEで送る

ナチュラルエコ製品のご購入はこちら

ものづくりのクリエイターたちが、ひとつひとつ丁寧に作り上げた手づくり作品が集まるハンドメイドマーケット「クリーマ」。
ナチュラルエコは、手作り石けんと布ナプキン(布ライナー)を出品させていただいています。
あなたのお気に入りが見つかりますように。