美肌石けん(廃油石けん)との出会いから学んだこと【その2】

美肌石けん(廃油石けん)に出会う前、あたり前に使っていたたくさんの洗剤類。

自分の体を通して、いろんなことを教えてくれました。

美肌石けんに出会ってから、普段何気なく食べているものや調味料まで、どんなものから作られているのか、どんなものが体に影響を及ぼすのかだんだんと興味が沸き、どんどん思考が広がっていきました。

そして、健康のこと、自然のこと、環境のことなど、みんな繋がっているということに気づかされました。

私達が住んでいるこの地球は、あたり前にあるのではなく、みんなの助け合いによって成り立っている。

どれか一つでも欠けたら、パズルのピースが欠けたみたいに、そこから少しずつ崩れ落ちてしまう。

昨今の地球はまさに、そんな状態になりつつあります。

人間が生きていくためには酸素が不可欠

酸素は、植物が作ってくれます。

植物が生きていくには、土、水、大気、日光が必要です。

人間だけでなく、微生物や虫、動物にもさまざまな影響を与えています。

巡りめぐって、生態系のバランスによって、私達は生かされています。

近年、技術の発達によっていろいろなものが作り出され、本当に便利な世の中になりました。
その影で、なくしてしまったものもたくさんあります。

どんどん自然が、森林がなくなっています。

大気が、水が汚れ始めています。

緑がなくなると、酸素が減るだけでなく、二酸化炭素の吸収量が減り、空気も浄化されません。

そして、土の保水力がなくなり、渇水や洪水が起こりやすくなります。

生態系のバランスも崩れ、もう悪循環の嵐です。

私達ひとりひとりが、日々生かされていることに感謝し、地球の素晴らしさ、自然の素晴らしさに気づくことが大切。

意識や関心を持ち、環境に対して負荷の少ない生活を送ることで、これからの地球、子供たちの未来が明るいものとなっていくと私は信じています。

たとえ小さなことでも、みんながコツコツ続けることで必ずよくなると思うんです。

些細なことでもできることからやっていこうと日々心がけています。

地球環境の問題は、言い出したらキリがありません。

でも、自分には何ができるだろうかと考えたとき、普段の暮らしの中でもできることがある。

 

我が家で実践しているエコな暮らしをご紹介

  • 使っていない電気は消す。
  • テレビを見過ぎない。
  • お風呂は、沸かしたときに時間を置かずに順番に素早く入る。(追い炊きはできるだけしない)
  • 水道やシャワーは、流しっぱなしにしない。
  • 料理は、あまり強火は使わず、できるだけ余熱で調理できるよう工夫する。
  • できるだけ生ゴミは出さないよう調理し、残さず食べる。
  • エアコンを使いすぎない。設定温度に気をつける。省エネタイプに切り替える。
  • 蛍光灯や電球をLED照明に替える。
  • 生分解性のよくない洗剤は使わない。
  • 石けんを使いすぎない。
  • できるだけ自転車を使う。
  • 3Rの「Reduce(リデュース:ゴミの発生抑制)」、「Reuse(リユース:再使用)」、「Resycle(リサイクル:再生利用)」を心がける。

今思い当たるのはこんな感じでしょうか。

突き詰めればもっと出てくると思いますが、意識を持つことが一番大切なので、無理なくできるところ、気づいたところから始めまています。

人にやさしいものは、地球にもやさしいので、自分にやさしい生活をこれからも送っていきます。

LINEで送る

ナチュラルエコ製品のご購入はクリーマで

ものづくりのクリエイターたちが、ひとつひとつ丁寧に作り上げた手づくり作品が集まるハンドメイドマーケット「クリーマ」。
ナチュラルエコは、手作り石けんと布ナプキン(布ライナー)を出品させていただいています。
あなたのお気に入りが見つかりますように。